小さな引越しなら選べる様々な方法

MENU

小さな引越しでも1社だけの見積もりでは安いのかが分からない。

小さな引越しだと色んな方法が選べます。

 

例えば、引越し業者や運送業者の提供する単身パックは定額料金で安く運べます。

 

決まった容量のボックスに詰めるだけ詰め込めて、お届け日の指定も可能です。

 

ただし、大きな家具や重量のある家電は運べないので他の方法を参照する必要があります。

 

 

家具や家電はクロネコヤマトのラクラク家財便や、佐川急便の単品プランもあるので、そちらも参考にしましょう。

 

 

 

また、ダンボールで収まる荷物であれば宅急便を利用する方法もあります。
段ボールのサイズは最大で160cmまで25kg未満と決まりがありますが、荷物がダンボールのみであれば安く済ませれる賢い方法です。

 

 

 

その他、近距離であれば赤帽や便利屋さんの活用も検討しましょう。
料金は作業時間で決まるタクシーの引越し版をイメージした方が分かりやすいでしょう。

 

 

ただし、県外への引っ越しになるとその移動距離分も加算されてしまうので見積もりが必要です。
荷造りや建物の養生が必要な場合もあるので、引っ越しに慣れている営業所を調べる事をお勧めします。

 

 

 

色んな方法を上げましたが実際には引越しの荷物や量、条件により料金が大きく異なるのが引越しです。

 

 

また繁忙期や閑散期、午前中や午後からの引越しなど日時でも変わっていきます。

 

 

 

荷物量を減らして、小さな引越しにするのは料金を安くするためにとっても賢い方法なので、

 

 

しっかりと安い業者を探すためには、複数の業者間の料金比較を行ってみてください。

 

 

相場も分かりますし、サービス内容の比較も行えます。

 

 

見積もりは無料なので、とりあえずの料金を出してもらいましょう。