小さな引越しなら選べる様々な方法

MENU

小さな引越しでも1社だけの見積もりでは安いのかが分からない。

 

小さな引越しだと色んな選択肢があり、また荷物のサイズで料金が変わるので該当するプランを選んで費用を抑えましょう。

 

早速、小さな引越しで料金が安い業者を探してみる⇒⇒
(最大50%OFF!小さな引越しの料金相場も分かる!CM放送中の引越し侍)

 

 

たとえば、単身者のように、荷物が少なく、またトラックを貸し切って引越すほどではない場合には単身パックを、段ボールのみなら宅配便といった風に使い分けが重要です。

もくじ

 

大手業者の単身パックは?

例えば、大きな家具や大型家電が無い場合だと、
引越し業者や運送業者の提供する単身パックは定額料金で安く運べます。

 

クロネコヤマトや日通、佐川といった運送業者の場合は、
各社の規格に沿ったBOXに入るサイズであれば格安で運ぶ事が可能です。

 

運送業者の単身パックの料金表

クロネコヤマト 最安12,000円〜
日本通運 最安15,000円〜
佐川急便 要見積もり

 

決まった容量のボックスに詰めるだけ詰め込めて、お届け日の指定やウェブからの申し込みで割引も可能です。

 

ただし、ボックスに入りきらない大きな家具や重量のある家電は運べないので他の方法を参照する必要があります。

 

家具や家電はクロネコヤマトのラクラク家財便や、佐川急便の単品プランもあるので、併せて使う方法もあります。
(サービスを併用した方が良いのか、また引越し業者にまとめて依頼した方が良いのか、ケースバイケースです。)

 

単身パックの場合、小物の荷物は自分で梱包が必要です。
(ダンボールも自分で確保が必須、専用ダンボールは各社から購入も可)

 

家電は当日に配送スタッフが梱包を行うので、そのままにしておきましょう!

 

保証内容についても充実しており、通常の引越し保険だと、不可効力により破損は保証されませんが、別途運送保険に加入する事で保証が効くようになります。

 

引越し業者の単身パック

業者名 プラン名 料金
サカイ引越センター 小口引越し便コース 要見積もり
アート引越センター 学割パックまたは基本コース 要見積もり
アリさんマークの引越し社 ミニ引越し便 要見積もり

 

引越し業者の場合は、荷物量で料金が変わってきますので、見積もりが必要になります。

 

サカイ引越センターの小口引越し便コースは専用ボックスによる輸送となります。

 

アリさんマークの引越し社のミニ引越し便は3つのプランがあり、

  • 超ミニ引越しプラン(段ボール10箱以内)
  • 特ミニ引越プラン(段ボール15箱と小型家電)
  • ミニ引越プラン(段ボール20箱と生活家電一式、自転車まで)

3種の中でもミニ引越プランが通常の単身パックに該当しますが、移動距離5kmまでとなっています。

 

宅配便を使った引越しの注意点や料金は?

 

また、ダンボールで収まる荷物であれば宅急便を利用する方法もあります。
段ボールのサイズは最大で160cmまで25kg未満と決まりがありますが、荷物がダンボールのみであれば安く済ませれる賢い方法です。

 

大手業者の宅配便料金表

サイズ/業者 クロネコヤマト 佐川急便 郵便局(ゆうパック)
小ダンボール 1361円 1361円 1260円
中ダンボール 1577円 1815円 1500円
大ダンボール 2030円 2031円 1970円

※料金は変更されている場合があります。

 

段ボールサイズは、引越しだと主に3つのサイズを使い、

  • 小ダンボール(100cm以内)
  • 中ダンボール(120cm〜140cm以内)
  • 大ダンボール(140cm〜160cm以内)

 

箱数が多くなりすぎると、料金が跳ね上がってしまいますので、上記の単身パックを使った方が安く上がる場合があります。

 

それぞれのダンボールに詰める荷物は、

  • 小ダンボール(本など)
  • 中ダンボール(食器など)
  • 大ダンボール(衣類など)

 

宅配便は、重量25kg以内という制限があるので、詰めた後に持ち上げれるかどうか確認しながら梱包して行きましょう。
(特に書籍は重くなり重量オーバーになりがちです。)

 

荷造りは全て自分で行う必要がありますが、不安な点は営業所や回収スタッフに最終チェックをお願いして下さい。

 

それぞれの宅配業者の保証内容は1個口に対して30万までの保証が付いてきます。

 

短距離で少量なら、赤帽や便利屋さんも

 

その他、近距離であれば赤帽や便利屋さんの活用も検討しましょう。
料金は作業時間で決まるタクシーの引越し版をイメージした方が分かりやすいでしょう。

 

  • 赤帽の料金設定は、20km以内で2時間で作業が完了するなら13500円〜
  • お助け本舗の便利屋さんの場合、1時間スタッフ1名3000円、1名出張費2000円、トラック費1台3000円

 

ただし、県外への引っ越しになるとその移動距離分も加算されてしまうので見積もりが必要です。
荷造りや建物の養生が必要な場合もあるので、引っ越しに慣れている営業所を調べる事をお勧めします。

 

また、引越し業者の従業員によると、最近は便利屋さんも引越し作業の訓練をし、作業品質を高めているという情報もあるので、参考にされると良いでしょう。

 

色んな方法を上げましたが実際には引越しの荷物や量、条件により料金が大きく異なるのが引越しです。

 

また繁忙期や閑散期、午前中や午後からの引越しなど日時でも変わっていきます。

 

荷物量を減らして、小さな引越しにするのは料金を安くするためにとっても賢い方法です。

 

少量の引越しを格安にするために、より詳しく知りたい方はこちらのサイトが参考にして下さい。

 

 

 

少ない荷物の引越し方法や、パックの種類から家具多めや少なめなどなどプランの選び方を掲載。

 

様々な業者のプランやサービス内容、また複数での見積もり比較が大切です。